「明日が見えるラジオ」に出演しました。

あるのだ。60歳以後も活き活き生きる決め手は、100歳まで生きる可能性に賭け、死ぬまで働く終身現役の人生を目指すことである。

どこまでも潜在能力の開発に挑戦し、好きなことを仕事にし、その仕事を趣味にしていく生き方を選ぶことだ。

「先日亡くなられた日野原先生も105歳まで現役の人生を活き活きと生きておられました。」日野原先生と私とではとても比べものになりませんが、諸先輩方が生涯現役をお手本にして自分なりに生きていきたいと考えております。長い人生、失敗もあるでしょう。反省して、失敗を糧に生きていけばいいのではないのでしょうか。皆さんも何か好きなことを見つけて長い老後生活を有意義に過ごしていきましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ファイナンシャルプランナーの上山由紀子