最近読んだ本

最近読んだ本 · 14日 2月 2019
皆さん、こんにちは。 独立系ファイナンシャル・プランナー上山由紀子です。 久々のブログです。 今日は、岡本和久先生の「お金と心」の本を紹介します。 岡本先生は、投資教育家&ファイナンシャル・ヒーラー®です。 私がいつも皆さんにお伝えしている「ピギーちゃん」をアメリカから日本に連れてこられた方です。 岡本先生の考え方を学ぶと世界観が広がります。 お金はとっても大切なものだけど、人生は、大きく3つに分かれる。 「学びの時代」「働きの時代」「遊びの時代」 生まれてから最初の30年は学びの時代「人的資産」を形成するときです。(その人が生涯かけて稼ぐお金の現在の価値の合計) 次の「働きの時代」への力をつけるときです。「働きの時代」を通じて正しく働き、良い世の中つくりに貢献する能力を増やすことが目的となりますと書かれています。 いかに「学びの時代」が大切かが分かります。 だから、子どものころから、数々の知識を持つこと、勉強することは大切なことですね。 「働きの時代」は金融資産の形成期になります。だいたい30代半ばから60代半ばくらいまでですね。 「学びの時代」に得た人的資産を活かして、金融資産を 
最近読んだ本 · 12日 5月 2018
皆さん、おはようございます。 独立系ファイナンシャル・プランナー上山由紀子です。 凄くすごく、ブログ投稿、休んでしまいました。 月日は、あっという間にすぎていくんですね。 昨日は、宮崎市の小学校に「ピギーちゃんのハッピーマネー教室」の 紙芝居を子供たちの気づきになればと思い、朝早くに家を出ました。 久しぶりに朝早くでるので、バタバタしてしまいましたが、なんとかというか、 結構、余裕で着いていました。(笑) 子供たちの声で、凄いと思ったのは お金は大切なもの、何で大切か分かる人の質問で 「権力の象徴」という解答にはちょっとびっくりしましたが 間違いではないので、なるほど、本で学んだのかな、と考えさせられました。 子供たちの発想力は凄いですね。 ところで、最近、読んだ本をご紹介します。 「フィデューシャーリー・デューティー・ワークショップ」 金融における顧客本位な働き方改革です。 森元紀行氏、坂本忠弘氏、谷崎由美氏3人の新たな金融検査・監督方針における 「探求型対話」のガイドブックです。 今後の金融機関のありかたを問うもので、もちろん、金融機関は信頼